公益社団法人移行のごあいさつ


青森県獣医師会は、平成25年4月1日から、公益社団法人へ移行し新たな一歩を踏み出すことになりました。

本会は、公益目的事業として、人と動物が共生する豊かで健全な社会づくりを進めるために、人と動物の共通感染症として、最も恐れられている狂犬病を防止するための狂犬病予防事業や、動物愛護推進のための、普及啓蒙、学校飼育動物支援、動物愛護センター等との共催のフェスティバル開催、マイクロチップの普及、県とも協定を結んでいる災害時の動物救護を進めることとしております。また、県民に安全な食鳥肉を提供するための検査事業も、厚生労働省から検査機関としての認可も受け、県より業務の委託を受け平成15年から実施しておりますが、今後とも安全な食鳥肉の提供に努めてまいります。

本会は、獣医師の組織する専門家集団として、広範多岐にわたる分野において要請されている社会的使命を果たすべく、努力してまいる所存でありますので、今後とも、本会の事業活動に対し一層の理解、ご支援をお願いいたします。

平成25年4月吉日
公益社団法人青森県獣医師会
会長  山内 正孝